しつこいニキビ跡はいつになったら治るの?

私は中学生くらいからニキビができやすい体質で、とにかく毎日ニキビが顔にいくかあることが当たり前でした。

もちろんすごく嫌だったのですが、当時はまだそれほどオシャレに目覚めていたわけでもなったこともあって、まあしょうがないという気持ちもありました。

そして、高校生になると徐々にオシャレに目覚め、スキンケアなども友達からいろいろと情報交換したりして気を付けていたこともあって、ニキビ自体はそれほどできなくなっていました。

しかし、ニキビ跡が一向に治る気配はなく、結局高校にいる間はずっとニキビ跡が赤みの状態のまま残っていて、一部はちょっと黒っぽ色に変色していたものもありました。

さすがに凸凹のクレータにはなっていなかったのでそれはよかったのですが、体質的なものなのか本当に長期間ニキビ跡が消えません。

この状況は大人になっても変わりませんでした。

今は思春期のようなニキビではできないのですが、やっぱり生理前になるとニキビができやすく、それを繰り返すことで跡が残りやすくなっています。

このように私は長期間ニキビ跡に悩まされてきましたが、きっと同じような方もたくさんいると思うので、できるだけニキビ跡を治すために役立つような情報を集めていこうと思います。

スキンケアは自分に合ったものであることが大事

ニキビ跡がなかなか治らないことの理由の1つに、自分の肌に合ったスキンケアをしっかりと選択できていないことがるのではないかと思います。

ニキビ跡にはいろんな症状があって、実は炎症がひどいものもあれば、メラニン色素によってシミのように色素沈着してしまっているものもあるのです。

また、繰り返しニキビによるダメージが原因の場合もあったり、本当に人それぞれ原因が異なってきます。

そもそも、繰り返しニキビができてしまうことが原因なのに、一生懸命炎症を抑えるケアをしていてもいたちごっこになるだけで、根本的な解決にならないわけです。

そのため、できるだけ短い期間で治すためには、何をするかということよりも、自分の肌にあった方法かどうかをしっかりと考えてみることが大切なのではないかと思います。