MENU

ニキビはあきらめて跡を残さないようにする

すぐニキビができる

ニキビはないのが一番だけど、私の場合、不規則な生活やストレス、暴飲暴食、などちょっとしたきっかけでいつの間にかできてしまうので防ぎようがないのが現状です。


特に仕事が忙しくて残業続きになると必ずできてしまうので、睡眠不足と偏食が私のニキビの最大の原因なんじゃないかと思っています。


ストレスをなるべくなくして栄養に気をつけようと思っていても環境の変化や気の緩みから完璧にこなすのってかなり難しいと思います。


仕事をしていれば断れない付き合いなどで遅くなってしまうこともよくあることですからね。


そんな時は、できてしまうニキビのことはあきらめて、いかに跡が残らないようにするかを徹底的に気をつけて生活をするということがとても大切だと思っています。


そこで、普段ニキビができてしまった時に、跡にならないように私が気をつけて実施している対策を紹介したいと思います。


ニキビ跡を残さないために実践した方法

大切なこと

まず、皮脂の汚れをしっかり落とすということ。


ニキビができる原因は皮脂の汚れなので、クレンジングに毛穴のつまりを防ぐ効果のあるいものを使っています。


不規則な生活が原因と言っても根本的な皮脂の問題をおろそかにしては意味がないので、まずは新しいニキビを防ぐ基本的なケアは忘れずに行います。


次に気を付けるのが、栄養面です。


栄養といっても働きながらだと毎日の食事については管理するのに限界があるので、サプリメントをできるだけ活用します。


ビタミンCを基本として、B2とB6を含んだものを飲むようにしています。


関連記事:ニキビができやすい体質を改善することが大事


ビタミンCはニキビの炎症を抑えたり抗酸化作用があって、後の2つは皮脂の分泌を調整してくれると言われています。


また、ビタミンCは化粧水などにも配合されているので、より効率よくお肌に届けるならビタミンC入りの化粧水や美容液もおすすめです。



365日間返金保証付きでビタミンCコスメを試す



さらに、私はもともとチョコレートがとても好きなのですが、やっぱり脂肪の多いものはニキビ肌にはよくないと思って、毎日必ず少しは食べていたのですが、週末だけというルールを決めて守っています。


そして最後に一番大切なのが、触らないことです。


どうしても気になって触ってしまいがちだけど、触ることで余計に悪化して跡が残ってしまうと実感しているからです。


ニキビができてしまった時は以上のことに気をつけて跡が残らないようにしています。


このような基本的なことを意識するだけでも、結構ニキビ跡が残らなくなったと思っています。