MENU

ニキビはうまく治すことができた

お肌に関する悩み…。


それは女性にとって、いくつになっても付きまとうものですよね。


かくいう私もその一人です。


小学校高学年からニキビが出来始めて、最初は「膿が入ってるなら出せばいいじゃん」と安易に考えて、潰してしまっていたんです。


しばらくして間違いに気づいて色々試してみましたが、全て逆効果だったようで…。


細かい塩で洗ってみたり、1日に何度もせってみたり。


その頃はニキビで病院に行くなんて、考えた事もありませんでした。


中学に上がってからもあまり変わらず、今思うとニキビ肌を見られるのが嫌で人と目を合わすのが怖いと感じていました。


ケアをちゃんと頑張っているのに、キレイになりたいなんて思ってないのに、ただニキビを治して普通になりたいだけなのに、全然うまくいかない…。


悔しくて泣いたこともあります。


高校生になってアルバイトをするようになったので、何か効果のありそうなニキビケアを始めようと考えました。


その頃、プロアクティブの存在を知りました。


少し値が張りましたが、藁にもすがる思いで購入して試してみました。

ニキビ跡は簡単に治らないので皮膚科へ

プロアクティブを買って、しっかりとケアをするようになると確かにニキビはできなくなりました。


しかし、ニキビ跡だけはどうにもなりませんでした。


ニキビをつぶしてしまったのは確かに自分の判断ミスだと思うので「やっぱり自業自得なのかなぁ」と諦めて、悪化をさせない目的で使い続けていました。


その間も、ハチミツやらヨーグルトの上澄み等が肌にいいと取り上げられるたびに踊らされて数年…。


ちょうどその頃、失恋によるストレスのせいか肌荒れが悪化してしまいました。


当時は接客業をしていて人と接する機会が多かったので、みっともなくて、メイクを濃くして隠したり目立つニキビは潰してしまっていました。


フェイスラインには、蚊に刺された後のような赤いふくらみがいくつも出来て定着してしまって、マスクで隠して仕事をするようになりました。


結局ニキビ跡はしっかりと消えることはなく、高校を卒業してからようやく本気で「綺麗になりたい!」と思い、思い切って皮膚科に行きました。


今考えればおかしな話なのですが、荒れた肌が恥ずかしくてずっと皮膚科に行けなかったんです。


まずはフェイスラインの治療からということで、処方された薬を塗るようになったところ、本当に新しいニキビができなくなって、いろいろと試しても無駄に感じたのがウソのように赤みが引いていきました。


症状によって皮膚科も合う、合わないがあると思いますが、自分で潰してしまったりしてひどい状態になってしまう可能性があるのなら、皮膚科での診察がおすすめです。